○o。.やまなか歯科のちょこっと豆知識.。o○

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外と比べた日本の歯科事情 part1】

  作成日時 : 2015/04/17 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「予防歯科」という言葉は皆さんも聞いたことがあるかと思います。
「予」前もって、かねて「防」ふせぐという意味で何か異常や病気が発症する前に事前に防ぎましょう!という考えで行っています。
では、何をして「予防」をするかですが、特別なことではなくセルフケア(食後の歯みがき)とメインテナンス(定期的な歯科検診)これが1番の「予防歯科」に繋がります

たったこれだけこんなものと思いがちですが、下記の数字を見て下さい。

●28〜32本
●19.5本
●15.8本
●6.8本

何の本数を意味しているか分かりますか
これは、歯の残存歯数を表しています。

「28〜32本」この本数は親知らずを含めた一般の本数です。
次の「19.5本」これはスウェーデン人75歳の平均の残存歯数になります。
そして「15.8本」これはアメリカ人85歳の平均残存歯数です。
最後に「6.8本」ですが、これは日本人80歳の平均の残存歯数になります…

日本は世界でもトップの長寿国と言われ、平均寿命は女性86歳、男性80歳という誇らしい国です
これは、日本の食が豊かで心も体も健康に暮らせるそして、医療レベルも高いことが関係しているのではないかと思います
しかし、医療の発展に伴い少しくらいほっておいても大丈夫。痛みがないからまだ平気。そんな安易な考えで歯を失う方が多く、歯科分野では医療発展途上国とも言われているようです…
上記の残存歯数からも分かるように、日本人の歯に対する意識は世界から見てもかなり低くたったこれだけのセルフケアすら出来ていないということになります…

頭が痛い、胸が苦しい、お腹の調子が悪い、肌が痒いなど、異常があれば内科、外科、皮膚科などクリニックに通いますが、歯科に関しては「ちょっとの違和感なら…。」と後回しにしている方が多いようです。
内臓を取り出して悪いところをまじまじと見て探し出すことは出来ません
そのため、人間ドックなど体に異常がないか定期検査をするのではないでしょうか。
歯も臓器の一部です


自分の目で見ても確認しやすい口腔内は日頃から管理しやすく異変なども察知しやすいものです
海外と比べ歯に関して健康意識の低い日本人は、美味しく食事を味わい楽しく会話ができるよう歯の長寿国にもなるよう、今後将来に向けて日頃のケアとメインテナンスを大切にするべきではないでしょうか
予防への意識を高めることが長寿の国を支える秘訣にも繋がるかと思います

美味しく食事を味わい楽しく会話ができるよう歯の長寿国にもなるよう、今後の将来に向けて日頃のケアとメインテナンスを大切にするべきではないでしょうか?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外と比べた日本の歯科事情 part1】 ○o。.やまなか歯科のちょこっと豆知識.。o○/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる